話し方サークル・会紹介

「話し方」の技術を学ぶ専門的な教室は沢山ありますが、この会はそういう類のものではありません。
特定の講師はいません。
参加者ひとりひとりが生徒であると同時に講師でもあるのです。

現在16名のメンバーで構成していますが、私たちは皆、或る「話し方教室」に通っていた者たちです。
 
某教室に入ったそれぞれの動機は、いわゆるあがり症の悩みが主なものでした。

人前で話をするときに極度に緊張してしまい、頭が真っ白になって何も話せなくなる、声が震える、手足が震える、赤面する、人の視線が怖い等々、といったものです。

それらの“あがり症の悩み”を克服し、人前でも自分の思っていることを堂々と話せるようになりたい、人前でのスピーチの機会から逃げるのではなく、これからの人生を前向きに生きたい…、と願って教室に通いました。

そしてそれらの“あがり症”は、かなり改善されました。
 
では、この先ずっとあがらずにOKかというと、これはなかなかそういうものでもありません。

教室を卒業してしまうと、また以前のように“あがってしまうのではないか”という不安が出てきます。

そこで、人前でのスピーチの機会をずっと持ち続けていくため、私たちはこのサークルを立ち上げました。
 
このサークルで場数を踏むことにより、あがってしまった過去の失敗よりも、あがらずに話せた成功体験の数が増えていき、とても楽な気持ちになります。

人の前で話ができた自分に嬉しくなるばかりでなく、もやもやしていた心の内を話すことでストレス解消にもなります。

また、人の話を聞いて、自分とは異なる世界や異なる考えを知り、驚いたり、感動したり、喜んだり笑ったり泣いたりと、心がリフレッシュする感じがします。
 
仲間は皆、やや“あがり症”だけあって、周りの人を思いやる気持ちがありますし、基本的にまじめでやさしく、かつ人生に前向きだと思います。
posted by 話し方サークル at 17:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 話し方サークル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。マナと申します。
私もあがり症で、現在スピーチ塾に通っていますが、同じ悩みをもつ人たちを集めてサークル活動をしたいと考えています。
できれば地元の人をたくさん集めたいのですが、初めてのサークル活動立ち上げで、どうやって人集めをしたら良いのかよく分かりません。
良い方法があったら教えて下さい。
サークル参加の申し込みの主旨とは違うコメントでごめんなさいたらーっ(汗)
Posted by マナ at 2009年10月18日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック